ツイッターパーツ
t
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご訪問ありがとうございます。 凛
--:-- スポンサー広告

最後の贈る言葉

2011/03/28 01:10
4時間、無事に観終えました。
途中、緊急地震速報が入って、ヒヤヒヤしました


なんて言っていいんだろう・・・・感動で胸がいっぱいです。

ドラマ冒頭から裕也(圭人)の走るシーンで、すごくドッキドキ。。。
ドラマが始まってからしばらくお友達とリアタイでメールのやりとりしちゃいました。
一人じゃドキドキして観れなかったから、ほんと心強かったです。
ありがとう!

朝早いロケ・・・そして夜遅くまで・・・
本当に頑張ったね。

圭人をたくさん誉めてあげたいです。(でも誉められると恥ずかしいからやめてぇ~~って言われちゃうね)


もう、感無量で上手く書けないです・・・・


でも私なりに感じたことを書き残したいと思います。




金八先生が3Bの生徒たちに言った言葉

悪はどこにありますか?
警察にありますか?
学校にありますか?
路地裏のゲームセンターにありますか?
悪はそんなところにはない!

悪は皆さん方の心の中にあります。

他人の悪を批判するなら自分の悪をしっかり見つめ認識しなさい。
それが悪を批判するという事です。



悪は誰の心の中にもあるものです。


前に見た映画【悪人】を思い出しました
【悪人】の私の感想・・・

誰もが被害者にもなり加害者になりうる。
誰もが加害者でもあり被害者でもある。
誰もが知ってる悪についてあらためて考えさせられました。
誰もが知ってる心の寂しさについて考えさせられました。

悪の連鎖・・・それがまた新たな悪を呼ぶ。
そんな中、バスの運転手さんの言葉は悪の連鎖を止める一筋の光のように感じました。
悪だらけの世の中の一点の善。


きっと金八先生はいつの時代にも一点の善なんだと思いました。

一点の善があれば・・・どんなに真っ暗な闇の中にいても一筋の光が導いてくれれば、人間はいつからでも、どこからでもやり直せるのですね。



金八先生の最後の贈る言葉

ひと隅を照らすものになってください。
ひと隅を照らすものはこの国の宝です。
街の片隅にいても自分のいる場所を明々と照らす人でいてください。

死んだ母親の口癖でした。風呂敷だって隅っこがしっかりしてれば何でも包める。
どうか・・・人を包んであげれる、優しい人になってください。

今日のこの時、この時間、この場所が私のゴールです。
私のゴールを皆さんのスタートラインにしてください。
私の終わりが皆さんの始まりになりますよう心より祈ってます。




JUMP世代のファンの子たち、そしてそのご両親、きっと金八先生と共に育ってきたんじゃないかと思います。
私も、もちろんその一人です。
人生の大切なことは金八先生から教わりました。

どうか、今日のこのドラマを観て感じた事を、次世代に繋げていってください・・・
将来お父さん、お母さんになった時に、今日感じた事をご自分のお子さんに教えてあげてください。


金八先生という、愛の教師になってください。

誰の心の中にも “愛” はあるのです。





スポンサーサイト
いつもご訪問ありがとうございます。 凛
01:10 ドラマ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。